晴耕雨読で和顔愛語
柳津虚空蔵尊のブログ
お寺のブログ
お寺の嫁(寺庭)が書いてます。
南三陸金華山国定公園日本三所の一
奥の細道霊場・第八番札所 
三陸三十三観音霊場第九番
丑年寅年の一生一代の守り本尊
  

宗教法人 宝性院 〒986−0401 宮城県登米市津山町柳津字大柳津63
電話:0225−68−2079
FAX:0225−68−2888
Eメールアドレス:usi-tora@kokuzouson.or.jp
http://www.kokuzouson.or.jp/
  
Page: 1/2   >>
霊の存在
得度式のときに、始めて「肌」感覚で、仏様というか、眼に見えない存在のことを感じました。

私は、霊感も何もありませんが、確かにいるんだなと、感じました。
式が、始まるときに、私を包むように、なんと言うか、ぞわぞわと、さらさらの間というような感覚が、肌に感じられました。

護られてる感覚です。

こう、ぎゅ〜っと、私をめがけて粒子が集まるような感覚です。
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リン・ロビンソンと直観力
11月号のJUSTは、リン・ロビンソンさんでした。
本田健さんがお勧めしている
なんていうんでしょう、「霊能力者」ではないし、「超能力者」
ともちがうような。

とにかくリンさんの特別な能力を使って多くのVIPの
カウンセルをしている人のようです。


リンさんによると、誰にでも優れた直観力があるのだけれども、それを押し殺して生活しているためによく発揮できなくなっている人が多いのだとか。
直観力を磨くためにはまず、良い選択をしたとき、悪い選択をしたときどんな感情が自分の中でしたか、を思い出す。

そして、「今日、私をわくわくさせるものを三つ教えてください。」
と朝、自分に語りかけるといいのだそうです。


 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なぜお祝い事の時に紅白のお持ちを食べるのか?
こんなこと考えたこともありませんでした。
赤と白って縁起の良い色だからかなくらいに思っていました。

が、

ちゃんと深い意味があったので御座います。
これを教えてくれたのは、うちにお詣りに来るために東京からわざわざ来ていただいてる
Kさんです。
この方は、面白い人で、

私「本読むのがすきなんです。」
Kさん「本ね〜、本って確かにいいんだけど本当のとこ書かなかったりするからね。」
私「じゃ、Kさんって何からそんなに豊富なスピリチュアルな知識を得るんですか?」
Kさん「わたし?勘!

・・・、クールポコのネタみたいな人です。

そのKさん曰く、赤というのは血を意味していて、
白というのは肉を表しているのだそうです。
そしてそれは誰の血と肉かというと、
魍魎、悪魔のものをあらわしてるのだそうです。
つまり、悪いものを食う。
食っちゃってやっつけちゃうってことらしいです。

なるほど。

最近、姫神を教え手くれたSさんといい、
このKさんといい、素敵で面白いメル友が出来て以前にもまして
楽しい日々です。
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
拝み方を変える。
「いつもいつも良くして頂いてありがとうございます。」

といって、どこの神社、お寺に行っても拝んでみてください。
なんか、自分が変わります。
うまくいえませんが。

 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久々におすすめ本です。
昨日、本の整理をして見つけました。
1年位前に読んだ本だと思います。
「誰も書けなかった 死後世界地図」
A・ファーニス著です。
100年前に英国でベストセラーになった本らしいです。
死後の世界に興味のある人は読んでください。
わかりやすく、やさしく書いてあります。

霊のこと、お墓のこと、愛する人を失った時の対応など大切なことが、意外と明るいトーンで書いてあります。

その人の生き方によって死後に行く国が分かれるのですね。

行き過ぎた快楽は霊にとっては痛みになる。
(本文より)
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
霊の出入り口
何の本で読んだのか忘れましたが、霊が出入りするところは、男の人がトイレで、女の人が勝手口だという説があります。だから、トイレや、台所はきれいにすると運気がアップするのだそうです。
小林正観さんの本に素手でトイレを掃除するといいと書いてあったので、早速やってみました。本当に気持ちよかったです。

そういえば、二宮尊徳も民衆を指導するときに何からはじめたかというと、便所と台所をきれいにしなさい、と指導することから始めたといわれています。

それから、これはスピリチュアルでもなんでもないことですが、草を刈るときに、自分は貧しいからといって鎌を隣の家から借りるようではだめだという。まず、働いて鎌を買ってから草を刈れ。人から借りるのが当たり前だという気持ちを捨てなさい。といって説いたらしいです。二宮尊徳なりの脱貧困思想があったのですね。
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
触らぬ神に祟りなし。
触らぬ神に祟りなし。
という言葉があります。この言葉の意味をつい最近まで、「神様に触ると祟りがある。」
みたいな感じに捉えていましたが、どうやら違うらしい。
さまざまな本や、お寺での出来事を通してそう感じるようになりました。
「自分の我欲や、生半可な気持ちでする供養、自分を正さずに霊のせいにして行う除霊などするくらいならしないほうがまだまし。」ということではないのかなと思います。
それから、粗末にするくらいなら神仏に関するものをお祭りしない。

まず、自分を正す。

きのう、泉谷綾子さんという霊能者の方が書いた「開運作法」という本を読みました。
「拝みに行くことが信仰ではない、拝むよりもまず懸命に生きることこそが信仰である。」と、書いてありました。
今の人々にはこの考え方が少し欠けているような気がします。
自分の生き方を振り返る前に、先祖の霊や、水子の霊のせいにする。
その全てが間違いではないにしろ、なんとなく拝んで簡単に悪いものを取り除くような考え方をしている人に接することが多くあります。

私もお寺に嫁いで、制約の多い自由の少ない生活をしていますが、そうした今の時代としては少しだけ厳しいなと思える生活を通してしか得られないものがあります。独身のときのような浮ついた気持ちを仏様に正して貰いながら今日まで来たのかなと思います。
寺庭として生きていくということは、自分の人生だけでなく、このお寺、そしてご本尊様にお仕えさせてさせて頂くという役目があります。
たとえば、うちの家族は、うなぎを食べません。うなぎは、虚空蔵菩薩様のお使いの魚なので昔から食さないことに決まっています。それを、たとえば私が、そんなのただの迷信だからといって食べてしまったらどうなるか。私だけの問題ではなくて、仏様のご利益にも影響があると思いますし、信心している信徒様方にも影響してくると信じています。「食べていけないから食べない。理由はわからなくともきまりを守る。」ということが、神仏の道においてはとても大事なことと思います。

今は、霊の世界のことについて語ることが普通の世の中になりました。
しかし、自分の偏った考え方で供養をしたりする人が増えているような気がします。

「自分が正されれば、ご先祖様も正される。」
まずはそこからと思います。
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長生きのつぼ
これは、小林正観さんの本に書いてあったのですが、
口角から指二本はなれたところに長生きのつぼがあるらしい。
ここを押すといいそうです。
でも、ずっと押してるのって大変ですよね。
でも、簡単な方法があるのです。
それは、『笑顔でいること。』
なーんだ。そんなことかと思ってはいてません。
これはすごい発見です。だって自分が長生きする上に周りの人にもいい気持ちになってもらえる。長生きの上に、人間関係まで良くなってしまう。

笑顔ってすごいです。

でも、中には、『笑顔が良くても長生きしない人いるでしょ?』という人がいます。
そう、そこ。そんなこといっちゃだめ。(笑)
いいって言われたことはすぐ実行!

怠け心や、わがままな心など、弱い心に引かれると、
本来しなければならないことまで、イヤになってしまいます。
(いにしえのいろはことばより)
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なぜ、塩で清めるのか。


今日は天気が良くて、日曜日のため、ご祈祷にいらっしゃる方が多いです。

今日は、塩についてお話します。

お葬式の後は、塩で清めます。なぜか。春日大社の葉室宮司さんの本を読んで
初めて意味を知りました。
死は汚い、穢れたものだからするのではありません。
『穢れ』(けがれ)とは、『気が枯れる』という意味だそうです。
親しい人の死に接して悲しくて、弱くなった気を、
生命の塊である塩で清めるのだそうです。
『清める』とは、『気よみがえる』の意味だそうです。
生命は、海から生まれました。
人は塩なくしては生きていけません。
昔の人は塩の持つパワーを知っていたのでしょう。
だから、汚いから、それを取るために塩を用いるのではなく、
自分のパワーを強くする、よみがえらせるために使うのですね。

すべての人には仏性があり、かけがえのなさがあるのだ。(高橋佳子さんの言葉)
 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高橋信次さんの言葉
高橋信次さんというのは、正しい霊性的求道を目指す人、目指している仁には、有名な人ですが、私が、高橋さんの本とであったのは1年ほど前です。それまでは、名前も聞いたことがありませんでした。確か、小林正観さんの本の中にお名前が出てきて、正観さんの師でもあったような気がします。
高橋さんは、幼少のときから、霊的体験を重ねて、大きな悟りにいたった人です。高橋さんのすごいところは,コンピューター会社を経営しながら、活動したということです。
これは、高橋さんが説く、八正道の中の正業の思想からくるものだと思います。『人間の心の偉大性』と説きつつ自らの予告どおりの日になくなりました。

今日、紹介する文章は、『心の指針』という本から引用させていただいてます。
嫁姑で悩んでる人にも読んでいただきたい一冊です。

「常識で考えてみて、神仏が人間に罰を与えるかどうかまず、考えてみる必要があるのです。神仏というのは親です。神仏の心は太陽の熱、光のように、善人、悪人の差別なく万人に惜しみなく与えてくれる慈悲の心しかありません。その神仏が、一寸先も不明な人間にどうして罰を与えましょう。

罰は、人間の心の黒い想念がつくり出すものなのです。」

それから、我慢と忍辱の違いについて、こう述べています。

「我慢とは、苦しみ、悲しみをお腹に詰め込むことです。自分さえ我慢すれば家の中が丸く収まる、として我慢に我慢を重ねてしまう。我慢は病気を作ります。
忍辱とは、耐え忍ぶことですが、苦しいことを腹に詰め込まない、話しても相手がわからなければ、相手の心の安らぎを、調和を神に祈るという、広く、高い心を言うのです。
私たちは忍辱を学び、我慢を捨てることです。」

これを読んだとき、なるほど、と思いました。頑張り屋さんで世の中で言う性格のいいような人は、どうしても我慢して、自分を責めたりしがちです。それでは、だめなんですね。
人間関係で悩んでる人は多いと思いますが、とにかく、相手はどうであろうと自分はよくする。明るくする。元気におはようをいう。自分の良心を大切にする。それでもだめなら、少し離れるのもいいと思います。

花は、どんな環境にあっても、そこにあって愛と美を放ちながら成長する。人はなぜこのことを花から学ばないのだろうか。(エドガーケイシーの言葉)

 宮城県登米市 柳津虚空蔵尊 http://www.kokuzouson.or.jp/
人気ブログランキングへ ← クリックしてね。
| 柳津虚空蔵尊 | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

宮城 柳津虚空蔵尊ホームページ

宮城 柳津福智満虚空蔵尊 ホームページ

お寺Cafe 夢想庵

お寺Cafe 夢想庵</

TEN活動 海の虹

TEN活動 海の虹
活動報告HOMEPAGE
http://www.kokuzouson.or.jp/
ten/

東日本大震災 復興支援
きずなの輪(大阪)

東日本大震災 復興支援 きずなの輪

献膳大護摩祈祷

柳津虚空蔵尊の
ご祈祷・御供養等
→ 開運ご祈祷(大護摩祈祷)
→ お払いご祈祷(加持祈祷)
→ 人形供養
→ 車供養
→ 七五三
→ 十三参り(数え13歳)
→ 水子供養
→ 厄払・厄払早見表
→ 方位除早見表

献膳大行列

人気ブログランキングへ

Profile

Search

Entry

Comment

  • 神割荘の阿部さん一家元気です!!!
    滝口 和彦 (08/15)
  • 山野さん、室さんとにお仲間の皆様、ありがとうございます!
    冬萌 (12/03)
  • 東京の巴連のかたがたが御来山。
    芳賀一也 (10/13)
  • 室さんから、たくさんの本の支援頂きました!
    室 侑里 (06/15)
  • 中里さん、来てくれたよ♪
    孝一 (06/09)
  • 室さんから、たくさんの本の支援頂きました!
    孝一 (06/09)
  • お寺サロンのヨガ講座の様子。
    鈴音 (06/07)
  • 高谷さんより、またまた、たくさんの寝具を支援頂きました!
    ふみ (06/04)
  • 高谷さんより、またまた、たくさんの寝具を支援頂きました!
    みり (06/03)
  • 高谷さんより、またまた、たくさんの寝具を支援頂きました!
    みり (05/29)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode